あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2022年10月19日

「ちよだのかがやきボランティア」インタビュー+α★「たいわ室千代田支部」星田 美紗さん

内容
“親でも先生でも友達でもない誰か”に話を聴いてほしい。そんな小・中学生のみなさんの心にそっと寄り添う存在を目指した「たいわ室」。2020年の立ち上げ以降、これまで述べ1,000回以上400人以上の子どもたちに参加いただいています。今回は、千代田支部代表の星田美紗さんにお話を聞きました。(み) 星田さん <「...
詳細を見る
2022年7月7日

ひつじの会の特製!座布団・ひざ掛けをケアハウスいわもとへお渡ししました。

内容
みなさん こんにちは ちよだボランティアセンターの柊平(くいびら)です。 最近、暑い日が続いていますが、どうお過ごしでしょうか。   「編み物ボランティアグループ ひつじの会」が手編みしている座布団とひざ掛けを『ケアハウスいわもと』の利用者にお届けするために岩本町ほほえみプラザに行きま...
詳細を見る
2022年1月26日

<情報誌制作の裏側>学生さんからのコメント、すべて見せます!

かんだ連雀買い物ワゴン編

内容
『ちよだボランティアセンター情報誌』では、 読者のみなさまが活動のイメージを掴んでいただき、 より参加しやすく!を目指して制作しています。 なかでも、特集コーナーは毎回大学生のみなさんに区内施設などで ボランティア体験をしていただき、よりリアルな状況をお伝えしています。 まだの方は以下のリン...
詳細を見る
2021年10月26日

コロナ禍の今だからつながりという糸を紡ぐ活動

内容
  みなさん こんにちは ちよだボランティアセンターの柊平(くいびら)です。   10月になり、気温の低い日々が続いていますが みなさんは、いかがお過ごしでしょうか。   今年の4月に被災地支援をしている編み物ボランティアグループ「ひつじの会」のメンバーが 編んだ座布団と...
詳細を見る
2021年9月17日

ザ番町ハウスと番町グループホームへ座布団・ひざ掛けをお届け

内容
みなさん こんにちは   ちよだボランティアセンターの柊平(くいびら)です。   9月になり、少し肌寒いと感じられるような 季節になりました。   先日、編みものボランティアグループ「ひつじの会」の メンバーのみなさんが編んだ座布団とひざ掛けを 今年の4月に開設した...
詳細を見る
2021年7月1日

~好きな読書でつながるボランティア活動~

内容
みなさん こんにちは ちよだボランティアセンターの柊平(くいびら)です。   最近、夏に向けて気温が高くなり始めましたね。 マスク越しだと、なおさら熱く感じられますね。   今回は、個人ボランティアとして活動している鶴岡さんをご紹介します。   鶴岡さんの趣味は、読書...
詳細を見る
2021年6月25日

大好きなパンに囲まれて♪ -「えみふる」パン販売ボランティア-

内容
まずはごらんください、個性的なパンの数々!               御茶ノ水駅から徒歩5分の場所に立地する「区立障害者福祉センター えみふる」では、毎月第1・2・3水曜日と第2・4月曜日に近隣の障がい者施設等で作った出来立てのパンを販売しています...
詳細を見る
2021年4月27日

情報誌特集ページ制作ウラ話@インタビュー完全版+α

内容
みなさんこんにちは。 ちよだボランティアセンターの千代川です。 突然ですが、ボランティアセンター情報誌 『Volunteer/Chiyodaボラ』4月発行号はご覧いただきましたでしょうか。 まだの方はこちらのリンクから見られます♪ 今回の特集は、法政大学ボランティアサークル 「ACIプロジェクト」から5名のメンバ...
詳細を見る
2021年3月23日

何気ない日常に彩りを

内容
みなさんこんにちは。 ちよだボランティアセンターの峯です。 嬉しいことがありましたので、共有させていただきます。 先日、ネイルボランティアとして活動されている内海さんの活動先にお邪魔してきました。 場所は、千代田区立障害者福祉センターえみふる。 利用者さんの爪を綺麗に磨いたり、マニキュア...
詳細を見る
2021年1月4日

お手玉が、障害を越える。

内容
月1回、千代田区内の施設で活動されている 「神田お手玉の会」。 主催の石川さんによると、12月に行われた回に参加された方の中には 視覚障がいの方もいらっしゃったとのこと。 どうやってお手玉を投げ上げるのかというと… どうやら、中に鈴が入っている特製のお手玉のようで、 音を頼りにお手玉を操っている...
詳細を見る

カテゴリー

<分野>