あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2024年1月19日

【詐欺に注意!】能登半島地震支援に関する重要なお知らせ

内容
能登半島地震の支援にかかり、千代田区の災害ボランティアセンターを名乗り、「被災地への寄付物品等を集めている。玄関先に取りに行きたい」など、電話で勧誘をする事案が発生しています。 千代田区では災害ボランティアセンターは、現在開設されておりません。 同様の電話があった場合、詐欺の可能性があります...
詳細を見る
2024年1月11日

令和6年能登半島地震 義援金募金を窓口で受け付けています

内容
令和6年能登半島地震で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。 千代田区社会福祉福祉協議会ちよだボランティアセンターでは、窓口に義援金募金箱を設置しました。 お預かりをした募金は、日本赤十字社の義援金募金に寄附いたします。。 義援金は、被災都道府県が設置する義援金配分委員会へ全額をお送...
詳細を見る
2024年1月4日

【全社協より転載】全国の災害ボランティアセンター開設状況について

災害ボランティアセンターが開設している地域の情報(1月4日現在)

内容
1月1日に発生した、令和6年能登半島地震の支援に関して、各地の災害ボランティアセンターの設置状況につきまして、全国社会福祉協議会の「被災地支援・災害ボランティア情報」で情報発信しています。 なお、各地域での災害ボランティア活動の受入れにつきましては、それぞれの自治体の災害ボランティアセンターのF...
詳細を見る
2022年12月28日

ちよだモデルネットワーク(CMN)災害時の行動指針について

内容
ちよだボランティアセンターは、平時から顔が見える関係を団体間同士で築き、災害時も協働するネットワーク「ちよだモデルネットワーク(通称:CMN)に加入しています。 CMNでは災害学習会を開催し、学んだことをネットワークの具体的な支援内容として明文化しています。 この度公表は、令和4年度12月時点での行動...
詳細を見る
2021年4月8日

災害ボランティアハンドブック「知っておきたい!災害ボランティアのこと」を発刊しました

ボランティア活動をするとき、ボランティア支援を受け入れるとき

内容
災害ボランティア活動に参加する場合や災害被害に遭い、ボランティアの力が必要になった場合、活動するまでや依頼するまでの流れや、活動やボランティアの方と接するとき、どういった点に気をつければよいのかをまとめた一冊です。 【内容】 見開き16ぺージ、A5サイズ 〇災害ボランティア活動とは 〇災害発生...
詳細を見る
2019年10月16日

【重要】被災地でボランティア活動する方のボランティア保険加入について

内容
被災地でボランティア活動する場合、ボランティア保険に加入することが必須になることがあります。活動する前には活動先の状況をインターネット等でご確認ください。ボランティア保険の加入方法は、次の3つになります。 ①ちよだボランティアセンターの窓口で受付  ちよだボランティアセンターでは、東京都社会福祉協議...
詳細を見る
2014年2月24日

大雪被害に関するボランティア保険の取扱いについて

内容
ちよだボランティアセンターで取扱っております東京都社会福祉協議会の「ボランティア保険」は「大規模災害時の特例措置」が適用されています。措置の内容は下記の通りです。 〇特例措置の適用期間  平成26年2月21日~平成26年3月31日(平成25年度ボランティア保険有効期限まで) 〇特例措置の対象となるボ...
詳細を見る
2013年11月15日

フィリピンに対する義援金の募集について

内容
日本赤十字社 ◆2013年フィリピン台風救援金 http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00004046.html 救援金窓口1 クレジットカード、銀行振込み、コンビニエンスストア、Pay-Easyでのお支払いをご希望の方は、「インターネットでの寄付はこちら」をご利用ください。 救援金窓口2 ■ 金融機関  郵便局・ゆうちょ...
詳細を見る
2013年11月15日

大島町に対する義援金の募集について

内容
[東京都福祉保健局指導監査部ホームページより一部転載]  東京都においては、台風26号により被害を受けた大島町への支援を実施するため、下記のとおり義援金を募集しています。 (1)名称  伊豆大島等台風26号災害東京都義援金 (2)募集期間  平成25年10月19日(土曜日)から平成26年1月31日(金曜日)まで  ※ 状況に...
詳細を見る
2013年5月25日

東日本大震災ボランティア活動in 千代田区

内容
東日本大震災から2年が経過しました。東京都内で継続的に出来る東日本大震災のボランティア活動をお探しの方には必見のボランティアがあります。 『みんなの未来をまもりたいぞう』(通称「まもりたいぞう」)、象の形をした壁掛けタオル作りです。 このタオル作りは阪神淡路大震災の時に立ち上がったプロジェクトです...
詳細を見る
「まもりたいぞう」製作中