あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2013年1月25日

マジックでボランティア活動をしよう!

内容

「これがボランティア?」。見ていてとても楽しい講座が12月7日、14日の2日間、ちよだボランティアセンター3階にて行われていました。
「マジック入門講座~クリスマス、正月にむけてのやさしいマジック~」。
第1日目は、身近なものを使ってのマジック。講師は、東京アマチュア・マジシャンズ・クラブ(以下TAMC)の三好勲さん。まず始めに、道具がなくても出来るマジックを伝授して下さいました。何と、自分の指だけを使います。指が伸びて長く見えるのです。それから割り箸、千円札、ハンカチ、安全ピン、新聞紙などを使ったマジックを次々に学んでいきました。講座の最後では、新聞紙で作るクリスマスツリーにもチャレンジしました。
三好さんによれば、「マジックはだますものではないです。日常ではない事を見せます」。
第2日目の講師は、TAMCの川崎利秋さん。シルクハンカチ、カード、ロープを使った本格的なマジックをご指導して下さいました。川崎さんの演じる華麗なマジックに、会場は大変盛り上がりました。自分でも出来るのかなぁと思いながら、やってみたところ、うまく出来てとても感動しました。
受講生の皆様の中には講座で教わったマジックを実際に身近な方の前で実演してみせて反響があったとの声がありました。「OLD IS NEW」。自分も見ている人も楽しめるマジック。ボランティア活動でやってみませんか?

(ボランティア記者 青木 愛)

◆ちよだボランティアセンター情報マガジン「ボランティア」
 Vol.339 2013年2月号(2013/1/25発行)より

 ☆情報マガジンは区内の情報ステーションで入手できます。
 ☆当ホームページ上でも見る事ができます
 ☆個人宛に郵送・メール配信も行っています。(https://ssl.alpha-prm.jp/chiyoda-cosw.or.jp/emagazine2.htm)

新聞紙のツリーを持つ、講師の三好勲さん
講師の川崎利秋さん