あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2013年1月25日

『想いを寄せる季節』(情報マガジン Vol.339 2013年2月号より)

内容
この季節になると、お正月の飾りからハートのマークに入れ替わり、なんとなくまちがそわそわし始めます。そう、もうすぐバレンタインデーです! 女の子にとっても男の子にとっても、ドキドキするイベントですね。私は季節のイベントが大好きなので、まちやお店がバレンタインデー一色になると、なんだか心がワクワクし...
詳細を見る
2012年12月25日

『いかにんじん』(情報マガジン Vol.338 2013年1月号より)

内容
寒い日が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 今年もあと数日で終わり、新しい年を迎えようとしています。 さて、お正月の思い出というと、私が小学生のころは、横浜の伯母の家に親戚一同が集まって、毎年とても賑やかなお正月を過ごしていました。私の母は、きょうだいが多く末っ子でしたが、東京...
詳細を見る
いかにんじん
2012年11月24日

『まさに「耳より」情報?』(情報マガジン Vol.337 2012年12月号より)

内容
ラジオを聴いていますか?私が初めてラジオにのめり込んだのは、高校受験のころ。深夜に受験勉強をしながら、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」を毎日欠かさず聴いていたのを覚えています。 大学生になって、元々音楽を聴くのが好きだった私はAM局からFM局に聴くチャンネルが変わりました。懐かしい曲から最新の...
詳細を見る
2012年9月25日

『「いいね!」から始まるコミュニケーション』(情報マガジン Vol.335 2012年10月号より)

内容
「片倉さん、スマホに変えないの?」とよく言われます。確かに私の周りのかなりの人がスマートフォンを利用しています。大学生になる娘も一日中タクトを振る指揮者のごとく人差し指を上下左右に動かしています。 私の携帯は5年前に妻からプレゼントされた物。当時はおしゃれと思っていましたが、たった5年で見せるの...
詳細を見る
2012年8月25日

『頭の中の引き出し』(情報マガジン Vol.334 2012年9月号より)

内容
まだまだ暑い日が続きますね。この夏の暑さのせいだけではなく、最近「ほら、あの人!」と人の名前が思い出せないことがあります。不思議な事に顔はわかるので、その後3日間くらい考え続けて、やっと頭の中の引き出しがギシギシと開き、「“あの人”は、○○××さんだわ!」と思い出し、一安心しています。 名前だけではな...
詳細を見る
2012年7月25日

『アツい夏!』(情報マガジン Vol.333 2012年8月号より)

内容
 今年も暑い夏がやってきました。身体的にはちょっと辛いですが、私にとってはなんだかテンションがあがる季節でもあります。そんな夏を今まで結構な回数過ごしてきた中で、特に印象深い夏があります。それは「高校1年生の夏」です。  高校に入学したら吹奏楽部に入りたいな、そんな憧れを決意に変えたのが新入生歓迎...
詳細を見る
2012年6月25日

『いくつになっても青春の夏』(情報マガジン Vol.332 2012年7月号より)

内容
雨ですっきりしない天気が続く季節ですね。なんともいえない倦怠感が漂いますが、そのぶん貴重な太陽の日差しが嬉しく感じられ、今年の夏をどんなふうにすごそうか、晴れの日はちょっとうきうきした気持ちになります。 そろそろ学生にとってはお楽しみ、親世代としては恐怖(?)の夏休みがやってきますね。私の小さな...
詳細を見る
2012年5月25日

『旅で行きたい場所』(情報マガジン Vol.331 2012年6月号より)

内容
みなさまは休日をどうお過ごしですか。おすすめは、旅です。 「旅」というと、どこか遠くへ行くイメージがありますが、近場をお散歩するのも「旅」になるのではないでしょうか。私は昨年4月に東京に引っ越してきたため、まだまだ行った事のない場所が多いです。お休みの日には色々なところに足を伸ばし、新しい発見をし...
詳細を見る
2012年3月25日

『ティータイムのすすめ』(情報マガジン Vol.329 2012年4月号より)

内容
 ニルギリ、ウバ、セイロン、アッサム、ディンブラ、キームン、ダージリン…さて、つらつらと書き並べましたが、何のことだか分かりますか? 正解は、紅茶です。紅茶は、産地によって香りや味に特徴があり、それぞれの地名が名前になっているのだそうです。 紅茶に携わる仕事をしている父の影響で、幼い頃から紅茶はと...
詳細を見る
2012年2月25日

『卒園の思い出』(情報マガジン Vol.328 2012年3月号より)

内容
 春の足音が待ち遠しい季節ですが、3月といえば「卒業」のシーズンですね。 わが家の次男もこの3月に保育園を卒園します。子どもの成長は早いものですね。長男の時と同様に次男の時も出産に立ち会ったのですが、その時の喜びや感動がついこの間のことのように思い浮かびます。ここまで素直に成長してくれたこと、い...
詳細を見る

カテゴリー

<分野>