あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2017年4月3日

福祉体験講座

あなたの企業・学校・団体で、ボランティア活動や福祉に対する関心が高まっていませんか。
当センターでは、障害者や高齢者への理解を体験的に深めるプログラムや、ボランティア活動の基礎を学ぶプログラムを開催しています。

車いす体験

車いす体験

 

対象
ボランティア活動を目的としている
区内の学校・企業・団体など。
※申し訳ございませんが研修を目的とした講座には対応しておりません。

 

申し込み
実施日1ヶ月前までにお申し込みください。
事前に打ち合わせを行い、可能な方法・内容をご相談いたします。
実施の時期によっては、ご希望に添えない場合もあります。

 

経費
講師謝礼 1講師・1プログラム 10,000円~(応相談)。
その他、車いす体験を実施する際は、車いすの運搬費が必要です。
※車いすは原則5台までの貸出しとなっております。

 

プログラム
1プログラムの時間は、40分~90分です。
複数のプログラムをセットにして行うこともできます。

◎車いす体験
【目的・内容】2~4人1組で車いす利用者とサポートする人の両方の立場を体験することによって、車いす操作に慣れるとともに車いす利用者への理解を深めます。
【適正人数】10~40名

◎手話体験
【目的・内容】手話を体験したり学習することにより、聴覚障害者への理解を深めます。
【適正人数】10~50名

◎アイマスク(視覚障害者擬似)体験
【目的・内容】2人1組で視覚障害者とサポートする人の両方の立場を体験することによって、視覚障害者への理解を深めます。
【適正人数】10~50名

◎盲導犬利用者の話
【目的・内容】盲導犬を同伴した視覚障害者を講師に招き、盲導犬との日常生活のことなどを話してもらうことにより、盲導犬や視覚障害者への理解を深めます。
【適正人数】10~50名

◎ボランティア入門講演会
【目的・内容】ボランティア活動とはどんなことなのか、活動する上での心構えや注意点など、初めて活動しようとする人への入門的な講演会です。
【適正人数】10~100名

 

※シニア(高齢者)体験・シニア体験グッズの貸出は、
 平成27年度をもちまして終了しました。