あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2014年2月7日

『千代田でつなメール』メルマガ読者募集中!

内容

メルマガでしか知ることができない!?

千代田区の地域活動ボランティアの最新情報を 毎週火曜日にお届けする
『千代田でつなメール』の購読はいかがですか?
もちろん無料です!


登録はこちらからどうぞ。 E-mailアドレスを入力し、クリックするだけ!

 

3.11東日本大震災以降、日本全国様々な地域で 「ご近所コミュニティ」を求める運動がはじまっています。

各地域での課題解決や活性化のアイデアの中で、多様な交流、 多彩なクリエイティブが生まれています。

最近では、被災地から発信する新しい社会モデルや ビジネスモデルを耳にすることも多くなってきました。

霞ヶ関、大手町、丸の内、秋葉原…ここ千代田区は、ご存じ 日本の政治、経済の中心ですが、それだけでなく、

実は今、千代田区でも「ご近所コミュニティ」づくりに向けて、 様々な活動が盛んに行われているんです!

そこで、ぜひ知っていただきたいのは、私たち千代田区社会福祉協議会 (ちよだ社協)が発行する「千代田でつながるメールマガジン」。

略して「千代田でつなメール」。 このメルマガで知ったボランティアやイベントに参加して、地域の中で 困っている人を助けたり、「ご近所の様子」を理解することは、

千代田区でのあなたの 「ご近所コミュニティ」ヘの第一歩になります。

そしてそれが、 あなたの仕事のヒントや人生の生きがいにつながるかもしれません!

このメルマガでしか知ることができない千代田区の地域活動や ボランティアの最新情報を毎週火曜日にお届けします。

日本経済を支えるビジネスマンも商店のあの人も、仕事の合間に さっと地域情報を入手してます。もちろん無料です!!

【タイトル】:千代田でつながるメールマガジン(略して「千代田でつなメール」)
【内容】:千代田区内の地域、ボランティア、講座、助成金などの最新情報
【発行】:毎週火曜日 ※もちろん無料です。

 

 

≪メルマガ担当者の紹介≫

梅澤 稔(地域協働課長)
 ちよだ社協に入って20年。銭湯(栄湯)の息子として千代田区で育てていただきました。 今は他区に引っ越してしまいましたが、千代田区で働けることが本当にうれしいです。 地域の福祉課題や人々が困っていることを、皆様に知っていただけるように、 そして、活動に参加するきっかけとなるように、メルマガの記事を書いていきます。 日本一メルマガを使いこなす社協を目指します。

●笠松 由美子(地域支援係所属)
宮城県出身。
子育て支援やふれあいサロン(ボランティアさんによる憩いの場)を主に担当しています。 地域で行っていること・起きていることが少しでも多く、皆さんに届くことを願って メルマガを配信しています。

●松本 智和(ボランティア係所属)
2016年度より入職。横浜出身。
ボランティアに関する相談、情報誌の編集、企業関係のボランティアコーディネーター等を担当。
過去には多種多様のボランティア活動にたずさわっていました。最新のボランティア情報をお届けしていきます。 

●清水 菜美(ボランティア係所属)
2016年度より入職。東京都出身。
ボランティアに関する相談、情報誌の作成、配食サービスの団体支援等を担当。
1週間の楽しみの一つとなるようなメルマガを配信していきたいと思います。

≪メルマガ読者の感想≫

●区内在住者 (Yさん)
つなメールが届いたら、その枠で世の中を見てみるとその枠の中は鮮明に 見えるような気がします。

●区内在住者 (Oさん)  
講座、ボランティア、イベント等の情報が発信される『つなメール』。 「地域の今」がわかり、社協を身近に感じられるとてもよい手段だと思います。 このメールを機に地域の輪が広まり、文字どおりみんながつながっていくと良いですね。

●区内 学生(Sさん)  
つなメールはカルピスみたいに親しみやすくて優しいメルマガです。 その時々のホットな話題や地域の耳寄り情報など、すぐにでも街へ繰り出したくなります。

●区内企業 (K社Wさん)
つなメールには、個人として興味がある情報だけでなく、仕事に役立つ情報も 多く掲載されています。 この情報をきっかけに始めた活動があったり、他の企業との繋がりもできました。