あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2021年9月24日

中央ろうきん助成制度 ”カナエルチカラ”2022

団体
中央労働金庫
募集期間
令和3年10月1日(金)~10月31日(日)【応募メール必着】
内容

【詳細は下記のリンクをご覧ください】
募集要項|中央ろうきん助成制度“カナエルチカラ”|中央労働金庫 CSR|中央労働金庫 (rokin.com)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中┃央┃ろ┃う┃き┃ん┃助┃成┃制┃度┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
“ ┃カ┃ナ┃エ┃ル┃チ┃カ┃ラ┃”  ┃2┃0┃2┃2┃の実施について
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
~生きるたのしみ、働くよろこび~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

………………………………………………………………………………………………………
対象となる事業・活動
………………………………………………………………………………………………………

「生きるたのしみ」が「働くよろこび」につながり、「働くよろこび」をもつことが「生きる楽しみ」を生みだす。そのような「生きるたのしみ」と「働くよろこび」が相互に豊かな関係をつくりだす事業を応援します。

・新たな事業の立ち上げを応援します。
・「生きるたのしみ」という面では、広く“ひと・まち・くらし”づくりに役立つ発想豊かな事業を想定しています。
・「働くよろこび」という面では、働く人が直面する、“疾病治療・介護・子育て等と仕事の両立”“働くことに困難を抱える若者や女性・高齢者の自立就労支援”など、多様な働く場・機会の創出に焦点を当てた事業を想定しています。
特に、公的な補助や支援の対象とならない/なりにくい、自主的かつ先駆的な事業・活動を応援します。

………………………………………………………………………………………………………
助成の対象となる団体
………………………………………………………………………………………………………
上記1.の活動に取り組む市民団体で、以下のすべての要件をみたす団体とします。

・民間の非営利団体で法人格を有すること(NPO法人、一般社団法人など)。
・応募時点で団体設立後1事業年度経過していること。
・主たる事務所の所在地および主な活動の場が、関東エリア1都7県内(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨)であること。
※上記エリア内で、広域的に活動を行っている団体も歓迎します。
・新しい事業を立ち上げるための基礎的な力(代表者責任が明確であり、会計処理が適切に行わていること など)を有していること。
・団体の目的や活動内容が特定の政治・宗教に偏っておらず、反社会的な勢力とは一切関わっていないこと。

………………………………………………………………………………………………………
助成総額
………………………………………………………………………………………………………
おおむね1,500万円です。

………………………………………………………………………………………………………
詳細・応募方法
………………………………………………………………………………………………………

*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*

■□■ 『中央ろうきん助成制度“カナエルチカラ”』ウェブページ ■□■

https://chuo.rokin.com/about/csr/josei/youkou.html

*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*-.*

——————————————————————————-
本助成制度は、特定非営利活動法人 市民社会創造ファンドとの共同により企画・運
営を行っています。

* 特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド(http://www.civilfund.org/
——————————————————————————-

***********************************************************
中央労働金庫 総合企画部(CSR)
担当:山﨑・今井
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-5
TEL:03-3293-2048(平日9時~17時)
E-mail: npo@chuo-rokin.or.jp

カテゴリー

<分野>