あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2020年6月24日

ソニー音楽財団 子ども音楽基金

団体
公益財団法人 ソニー音楽財団
内容

●「ソニー音楽財団 子ども音楽基金」

(1)新型コロナウイルス被害支援
(募集期間:7月1日~7月15日)
https://www.smf.or.jp/kok/covid19_fund/

●助成対象となる団体およびその活動
日本国内の18 歳未満の子どもを対象に、
・音楽を通じた教育活動に取り組んでいる国内の団体による 音楽教育活動。
(ここでいう音楽とは、原則としてクラシック音楽およびそれに準ずるものとします。)
・ 法人格を有する団体。
または、法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っている団体
(グ ループ・サークル・実行委員会などを含む)が行う活動。
・ 2020年3月1日~2021年3月31日の間に、新型コロナウイルスの影響により
開催予定であった活 動が中止及び延期され、損害を被った団体。

●助成金額 支給する助成金は、1団体につき一律20万円または50万円とします。
(総額1,000万円)
*損害額に合わせて選択してください。
支給金額の選択が選考に影響することはありません。

問い合わせ先
公益財団法人ソニー音楽財団「子ども音楽基金 新型コロナウイルス被害支援応募」係
送付先:kok@sonymusic.co.jp
※電話・ファックスでのお問い合わせには対応していません。
※土日祝日および夏季休業中<8月13日(木)~8月16日(日)>は、
問い合わせに対応できません。

 

(2)子どもたちを対象に活動する若手演奏家への支援金
(募集期間:6月25日~7月7日)
https://www.smf.or.jp/covid_19_project/fund/

○支援対象者
次の(1)~(5)のすべての条件を満たしている者。

(1)日本国内に在住、または日本国内に活動拠点を置いていること。
国籍は問わない。
(2)若手クラシック演奏家(18才~40才を原則とする)
※学生は対象外とする
(3)新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策に伴い、
子どもを主な対象としたクラシックコンサートやイベント等の中止により
収入が減少した等、影響を受けていること。
(4)クラシック音楽に関わる演奏活動を生業とする個人事業主
(フリーランスを含む)であること。かつ今後も活動を
継続する意思のあること。
(5)反社会的勢力(暴力団、暴力団関係企業もしくは
これらに準ずる者又はその構成員)と関わりがないこと。

○支援条件
支援対象者のうち、次の(1)~(5)の条件をすべて満たしていること。
(1)2020年2月1日(土)~7月7日(火)までに、
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、中止または延期の決定がなされた、
子どもを主な対象とするクラシック・コンサートやイベント等に
出演予定だったこと。
(2)上記1の公演・イベントが日本国内で開催される予定であったこと。
(3)上記1の公演・イベントに対する出演料の損害総額が額面
(消費税込、源泉所得税及び復興特別所得税込)で5万円以上であること。
*損害総額とは、報酬予定金額から、キャンセル料や助成金を差し引いた金額を指します。
(4)上記1の公演・イベントが反社会的な内容を含んでいないこと。
(5)上記1の公演・イベントの内容が政治・宗教・思想に偏りのないこと。

○支援内容

  • 金額:1名につき一律10万円
  • 採択予定数:最大200名(総額2,000万円)
  • 給付時期:8月下旬以降予定

【問合せ先】ソニー音楽財団「若手演奏家への支援金」担当係
Eメール:smf-support@sonymusic.co.jp
それぞれ、必ず以下の件名を明記してください。

応募の場合:
件名「【応募】若手演奏家への支援金」
問い合わせの場合:
件名「【問い合わせ】若手演奏家への支援金」
※土日祝日および夏季休業中<8月13日(木)~8月16日(日)>は、
問い合わせに対応できません。

カテゴリー

<分野>