あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2021年11月5日

ファミリーハウス・フォーラム2021 病気の子どもと家族のトータルケア~

「小児患者体験調査報告書」から考えるハウスの役割~

団体
認定特定非営利活動法人ファミリーハウス
日時
2021年11月20日(土)14:00~15:30 ※申込締切:11月15日(月)
場所
Zoom(ウェビナー)による開催
内容

【詳細は下記のリンクをご覧ください】
ファミリーハウス・フォーラム2021 病気の子どもと家族のトータルケア 「小児患者体験調査報告書」から考えるハウスの役割 (familyhouse.or.jp)

≪市民公開講座設立・参加費無料≫

ファミリーハウス・フォーラム2021
病気の子どもと家族のトータルケア
~「小児患者体験調査報告書」から考えるハウスの役割~
(2021年度競輪補助事業)

■方法
Zoom ウェビナーによる開催
※スマートフォン・パソコン・タブレットなどインターネット接続可能な機器であればご視聴いただけます。
※カメラOFF・マイクOFFでご参加いただきます。

■プログラム
・ファミリーハウス紹介
・基調講演『「小児患者体験調査報告書」から見える患者家族ニーズ』(仮)
石丸 紗恵 先生
国立がん研究センター中央病院 小児腫瘍科 外来研究員
Princess Máxima Center for pediatric oncology, Trial and Data Center, Clinical research fellow
・ハウスの新しい役割~「理想の家プロジェクト」の必要性~

〔石丸紗恵先生プロフィール〕
2006年信州大学医学部卒業。2008年から東京都立清瀬小児病院、東京都立総合医療センター総合診療科、血液・腫瘍科勤務。2017年から国立がん研究センター中央病院小児腫瘍科、2019年から臨床研究支援部門に勤務。既存の治療では治らない患者さんに接するうちに治療開発に関わりたいと思い、特に日本における小児薬剤開発推進のためには国際共同試験への参画や欧米における薬剤開発戦略の工夫を取り入れることが必要であると考え、2020年8月よりオランダ、ユトレヒトのプリンセスマキシマセンターに留学中。2014年より日本小児がんグループ(JCCG)急性リンパ性白血病委員会委員として活動中。臨床試験の円滑な遂行のために包括的な視点を持つことと、臨床医としての視点を忘れず常に患者さんのリスク・ベネフィットを意識することを心がけています。小児腫瘍が専門。

■参加申込はWEBから
https://forms.gle/2JNHxCpdNiVchox49
【申込締切:11月15日(月)】

■問合せ先
認定NPO法人ファミリーハウス 事務局
〒101-0041東京都千代田区神田須田町1丁目13-5 藤野ビル3階
Email:jimukyoku@familyhouse.or.jp
http://www.familyhouse.or.jp/

カテゴリー

<分野>