あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2021年2月12日

【オンライン】都心暮らしの新しい幸せ(Well-being)のカタチを考えよう!

~つながり、コミュニティの“自分にとっての可能性”を千代田で見つけませんか?

団体
ちよだコミュニティラボ
日時
2021年3月6日(土) 10:00~11:30
場所
Zoomでの開催予定となります
内容

【詳細は下記のリンクをご覧ください】
https://chiyolab.jp/archives/12628

本イベントでは、近年、増えている「つながりのもたらす意味」に
ついての書籍や研究の概要を紹介すると共に、
「千代田のつながり探究ガイド」で紹介された約70名の方たちが
どのように自分らしいつながりをつくっているのか、紹介します。

また、千代田をめぐる多様なテーマについて話し合う
「ちよだコミュニティラボライブ!」の説明も行います。

【参加申し込みフォームはこちら】
https://pro.form-mailer.jp/fms/c2167296217386

プログラム
○「つながり」は私たちの暮らしに、どのような意味を与えているのか?
~つながりをテーマにした研究書から読み解く
○千代田で自分の活かし方、つながり方を見つけた方たち
~「千代田のつながり探求ガイド」より
○ちよだコミュニティラボライブ!について

講師】広石 拓司 氏
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 兼任講師
ちよだコミュニティラボ事務局、株式会社エンパブリック代表

参加費】無料
定員】30名

■講師紹介■
東京大学大学院薬学系修士課程修了。
シンクタンク、NPO法人ETIC.を経て、
2008年株式会社エンパブリックを創業。
「思いのある誰もが動き出せ、新しい仕事を生み出せる社会」を目指し、ソーシャル・プロジェクト・プロデューサーとして、地域・企業・行政など多様な主体の協働による社会課題解決型事業の企画・立ち上げ・担い手育成・実行支援に多数携わる。
東京都の地域包括ケアシステムの地域づくりに関するアドバイザーを担うと共に、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科で「コミュニティ・マネジメント」、慶応義塾大学SFCで「コミュニティ・インベストメント」の授業を担当するなど、コミュニティの構築・運営についての豊富な知見に裏打ちされた実践活動に取り組む。近著に「専門家主導から住民主体へ」など。
ちよだコミュニティラボの事務局として、2017年から千代田区で活動する方たちと地域のつながりの可能性を探求している。

カテゴリー

<分野>