あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
New 2023年1月24日

【千代田でつなメール】受講者数約1,400万名突破!正しい認知症理解への第一歩。

内容

○●○●━━━━━━━━━━━━━

ちよだ社協はおかげ様で70周年となりました!

採れたて情報★地域の「今」をお届け!
千代田でつながるメールマガジン

~とても美味しいワインとつなメール~

2023年1月24日(火) Vol.466

━━━━━━━━━━━━━○●○●

おはようございます。
ちよだボランティアセンターの千代川です。

「認知症」

この言葉を聞かない日はほとんどないくらい
認知症は身近なものとなってきています。

すぐそばにいる「あの人」が
認知症になったらどうしよう…
と、悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな不安を少しでも和らげるための
知識をを得ることができる講座が
2月に開催されます。

日々高齢者と接する現場で働く講師から
実際の例に即した話を聞くことができます。

ちなみに「認知症サポーター養成講座」は
平成17年に開始されて以来、現在に至るまで
日本国内で約1,400万人が受講しており、

認知症と診断された方も、
地域で安心して暮らせるように、
寄り添っていく輪が広がっています。

そして、本会が開催する当講座では、
学んだ知識を活かせそうな活動を
紹介する時間を設けています。

日本で約9人に1人は受けている
認知症サポーター養成講座。
まだ受けていないそこの貴方も、

(実はもう受講済という方も?)

新しいサポーターに名を連ねてみませんか。

————————————————-
令和4年度 第2回認知症サポーター養成講座
————————————————-
■日 時
2月4日(土)10:00~12:00

■内 容
・認知症の代表的な原因や症状の基本知識
・認知症の方の気持ちや接し方
・認知症の方を支える活動の紹介
(ボランティア活動、たすけあい家事支援サービス)
※受講された方には、受講後
「認知症サポーターカード」をお渡しします。

■場 所
かがやきプラザ4階 研修室(九段南1-6-10)

■対 象
千代田区在住・在勤・在学の方

■定 員
30名(申込順)

■講 師
・かがやきプラザ相談センター(神田)職員
内田 亮輔 氏
・ちよだボランティアセンター職員
・ふたばサービス職員

■参加費
無料

■詳しくは下記URLをご確認ください。
https://www.chiyoda-cosw.jp/kensyu-c/2022/12/21/4475/

━━━━━━━
おすすめ情報
━━━━━━━
■ボランティア
<オンライン開催>
東京フリーウォーキングツアー・オリエンテーション
-ボランティア通訳ガイド募集!
【日時】2月11日(土) 10:00~12:00(予定)
【場所】Zoomによるオンライン
【対象】○東京フリーウォーキングツアーの活動に
賛同いただき、ツアーへの参加および運営活動を
含めたボランティア活動に参加いただける方。
○18歳以上の方(高校生を除く)
【締め切り】1月31日(火)
【URL】https://tfwt.jp/orientation_2023/

■イベント
映画『がんと生きる言葉の処方箋』特別上映会
【日時】1月28日(土)14:15開演(13:45開場)
【場所】いきいきプラザ一番町 B1階カスケードホール
(一番町12)
【定員】110名
【鑑賞代】一般:1,000円 学生:500円
【URL】https://pro.form-mailer.jp/lp/47cbff34268117

■講座
障害のある子が地域で暮らすために
~「親あるあいだの準備」~
【日時】2月3日(金)14:00~15:30
【場所】かがやきプラザ1階 ひだまりホール
(千代田区九段南1-6-10)
【対象】区内在住・在勤で関心のある方
【定員】30名
【URL】https://www.chiyoda-cosw.jp/topics/2023/01/13/13010/

■助成金
令和4年度下期 一般助成 障害児・者(含む難病)に
対する自立支援活動への助成
【団体】公益財団法人 洲崎福祉財団
【募集期間】2月18日(土)まで※消印有効
【URL】https://www.chiyoda-vc.com/grant/36982

━━━━━━━
編集後記
━━━━━━━

先日、足利の「ココファーム・ワイナリー」に
足を運びました。

サミットやG7などの国際的な会議や、
海外要人の夕食会で提供されたワインを造った
ワイナリーというブランドにも関心があるのですが、

創設者の川田氏が、「何もできない」とされていた
知的障がいのある子どもたちとともに
急斜面を開墾し、ほぼ手作業で作り上げたブドウ畑。

現在でも働く人皆さんの持つ特性が
ワインづくりに活かされています。

重機が入れない急斜面を自らの足で上り
虫よけも、草刈りも、枝打ちも、
すべて手作業で行うとのこと。

缶を叩き鳥を追い払う役目の方がいたり、
一見、佇んでいるだけのように見える方も
畑を見守るという役割を持っているそうです。

世界中のグルメをうならせるワインの裏には
「どんな人でも何らかしらの役割がある」という
言葉が込められているのではないでしょうか。

私が訪問したのは3回目ですが、
ワイナリーの持つストーリーと品質の高さに、
お土産コーナーでは毎回財布の紐が緩んでいます。
(個人的なおすすめは椎茸スープです)

空気もおいしいのでリフレッシュにも
なりました。

それでは、次回1月31日配信のメルマガをお楽しみに!

■このメールマガジンは、毎週火曜日に定期的にお送りしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集発行
~みんなが参加し、支えあうまちづくり~
社会福祉法人 千代田区社会福祉協議会
〒102-0074 千代田区九段南1-6-10
かがやきプラザ4階
TEL:03-3265-1901
FAX:03-3265-1902
Mail: chiiki@chiyoda-cosw.jp

『ちよだご近所かわらばん』日々、更新中!
https://www.chiyoda-cosw.jp/gokinjo/
――――――――――――――――
「もっと情報がほしい!」という方は、千代田区社会福祉協議会へ
https://www.chiyoda-cosw.jp
――――――――――――――――
ボランティアに関する情報は、ちよだボランティアセンターまで!
公式HP  https://www.chiyoda-vc.com/
Facebook https://www.facebook.com/ChiyodaVolunteerCenter
――――――――――――――――
━━━━━━━━━━━━━━━━
配信登録・解除は、ご自身で設定できます。
専用ページ:https://onl.sc/ma9YCp4