あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2022年8月30日

介護職員初任者研修を取得し、千代田区で介護のお仕事をしませんか

内容

○●○●━━━━━━━━━━━━━

ちよだ社協はおかげ様で70周年となりました!

採れたて情報★地域の「今」をお届け!
千代田でつながるメールマガジン

~現金とつなメール~

2022年8月30日(火) Vol.447

━━━━━━━━━━━━━○●○●

おはようございます。
地域支援係の横山悦子です。新しくメルマガ担当になりました。

8月も残り2日、早いものですね。
そして、9月1日は防災の日です。

昨年、地元の小学校で6年生の授業の一環として防災訓練が
あり、地域の方と一緒にお手伝いをしました。

災害が起きた時に、子ども達も地域社会の活動に進んで参加、
協力できるようにという校長先生の思いから、避難所設備の
見学や体験をしてもらいました。

段ボールベッドの組み立て、マンホールトイレや非常用電話
の設置、非常用器具やリヤカー・担架などの展示を行い、
子ども達は触ったり体験をしたり、見たことのないものに一喜一憂。

「おじさん70㎏あるんだよ。皆でグラウンドまで運べるかな。」と、
消防の方が寝た簡易的な布担架を、実際に子ども達が持って重さを体験。
「ムリだよー」と顔を真っ赤にしながらも楽しんでいました。

また、非常用電話については「電話機初めて見たよ」「家には
携帯電話しか無いよ。これどうやってかけるの?」と疑問を
持つ子どもも。固定電話を置いていない家庭が増えているという
現状が分かります。

この小学校は近隣の避難場所になっていますが、こんなにも
色々な物が備蓄庫にあるのだなと知ることができました。

防災は、老若男女問わず関係してきますよね。
高齢の方、障がいを持っている方、
小さなお子さんがいる方、外国人の方。

1人暮らしで配慮を必要としている方はいらっしゃいませんか。
2025年には、高齢者の5人に1人が認知症になるといわれています。
認知症の方にも目を向けていきたいですね。

 

————————————————

さて、今回紹介する講座は「認知症ケア講座」です。

「認知症になっても、自分らしく生きていきたい」誰しもそんな思いが
あるのではないかと思います。

今年度より一部の自治体で事業化された「認知症の人と家族の一体的支援
プログラム(ミーティングセンター)」の取り組みや見えてきたことについて、
専門家・行政・本人・家族・支援者それぞれの視点からお話を伺います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「認知症の人と家族の一体的支援プログラム」の取り組みについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆日 時  9月20日(火) 14:00~16:00

◆参加方法 2つ方法があります。

〇Web受講(zoom)定員50名
・受講するにはインターネットに接続できる環境
(パソコンまたはスマートフォンなど)が必要となります。
・受講者には資料及びオンラインで参加できるURLとミーティングIDを
事前にメールでお送りいたします。

○対面受講 定員20名(先着)
・会場:かがやきプラザ4階研修室
(九段南1-6-10)

◆内 容  1.「認知症の人と家族の一体的支援プログラム」とは何か
東北福祉大学総合福祉学部准教授
認知症介護研究・研修仙台センター研修部長 矢吹 知之 さん

2.行政からみたミーティングセンターの必要性
品川区福祉部高齢者地域支援課
認知症サポート係長 浅川 広徳 さん

3.品川区の当事者・家族・支援者が活動の様子をお話しします!
ミーティングセンター「めだかの会」の皆さん

◆参加費  無料

◆締 切  9月15日(木) ※お申込み多数の場合は、区内在住・在勤・在学の方を
優先させていただきます。

◆申込・問い合わせ かがやきプラザ研修センター
TEL:03-6265-6560 FAX:03-3265-1162
E-mail:jinzai@chiyoda-cosw.jp
URL:https://www.chiyoda-cosw.jp/kensyu-c

━━━━━━━━━
おすすめ情報
━━━━━━━━━
忙しい方でも安心!通学は15日!あとは自宅学習で資格取得!

≪ 介護職員初任者研修 ≫

在宅・施設で働く基本的な知識・技術を習得し、基本的な介護業務を実践できることを
目的として行われる研修で、従来のホームヘルパー2級に相当します。

◆期 間  令和4年10月20日~令和5年2月9日
※期間中毎週木曜日開催(祝・年末年始除く)

◆通学日程 全15回

◆通信課程 全3回

◆会 場  かがやきプラザ4階研修室(九段南1-6-10)

◆対 象  今後、千代田区の介護職として働く意思のある方

◆受講費  49,800円 ※事前振込(手数料ご負担)
※入金期間 10月13日(木)まで
※入金手続きのご案内は受講決定の通知と一緒にご連絡させて頂きます。

◆助 成  本研修受講中、または後に千代田区内の介護事業所で「介護職」として
就職された場合、受講費全額を助成させて頂きます。
※受講後6か月以内に就職し、そこから就労3ヶ月間に達し、
その月以降、3ヶ月以内に申請された方が助成対象となります。

◆定 員  12名(申込順)

◆講 師  未来ケアカレッジ

◆申込締切 令和4年10月3日(月)

◆申し込みフォーム https://www.chiyoda-cosw.jp/form/kensyu_c.html

━━━━━━━
編集後記
━━━━━━━

私の夫は、日頃から現金を多めに持ち歩いています。
それはなぜか。

東日本大震災の時、夫は出張で盛岡にいました。
日帰りだったので急遽ホテルを取ったのは良かったのですが、
停電でお風呂に入れず、暖房も効かず凍えたそうです。

停電……ということは、クレジットカードが使えないのです。
ATMも止まっています。

昨今キャッシュレス時代と言われていますが、いざという時には現金が必要です。
現金の大切さを覚えておいてくださいね。

ちなみに夫は、同行した部下からお金を借りたそうです。

それでは、次回9月6日配信のメルマガをお楽しみに!

■このメールマガジンは、毎週火曜日に定期的にお送りしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集発行
~みんなが参加し、支えあうまちづくり~
社会福祉法人 千代田区社会福祉協議会
〒102-0074 千代田区九段南1-6-10
かがやきプラザ4階
TEL:03-3265-1901
FAX:03-3265-1902
Mail: chiiki@chiyoda-cosw.jp

『ちよだご近所かわらばん』日々、更新中!
https://www.chiyoda-cosw.jp/gokinjo/
――――――――――――――――
「もっと情報がほしい!」という方は、千代田区社会福祉協議会へ
https://www.chiyoda-cosw.jp
――――――――――――――――
ボランティアに関する情報は、ちよだボランティアセンターまで!
公式HP  https://www.chiyoda-vc.com/
Facebook https://www.facebook.com/ChiyodaVolunteerCenter
――――――――――――――――
━━━━━━━━━━━━━━━━
配信登録・解除は、ご自身で設定できます。
専用ページ:https://onl.sc/ma9YCp4