あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2020年3月31日

思いを行動にfromちよだ社協

内容

━━━━○●○●━━━━━━━━━━━━━○●○●

 

採れたて情報★地域の「今」をお届け!       

千代田でつながるメールマガジン

~あなたもボラダーになる!~

 

2020年3月31日(火) Vol.331

 

○●○●━━━━━━━━━━━━━○●○●━━━━

 

皆さま、おはようございます。

今年度最後のメルマガを担当することになり

光栄が故に、緊張しまくりの地域支援係の染井です。

 

早いもので私がつなメールを担当してから

1年が経とうとしています。

 

読みづらい文章で

皆さまにはご不便をおかけしたかと思いますが、

最後までお付き合いいただけますと幸いです。

 

————————————————–

 

さて、何のイベントをお伝えしようかと思ったのですが、

相変わらずこのご時世…

 

満開の桜とは裏腹に

暗いニュースが後を絶ちませんね。

 

こんな時だからこそ

何か明るい情報をお届けしようと思いまして

 

3月27日(金)に発行されました

「ちよだ社協 春号」についてご紹介します!

 

こちらは、当会の“はあと”を伝える広報誌であり、

地域情報や、地域で活躍されている方をご紹介しています。

 

今回の春号では「彩り」をテーマに、

千代田区で活躍されている

おふたりにインタビューさせていただきました。

 

今回インタビューさせていただいたおふたりは、

かがやきプラザの研修センターが

開催した講座をきっかけに、

 

地域でボランティア活動を行っている方です。

 

ボランティアというと

“自主的、自発的に動いて他人の役に立つ”

と、少し堅いイメージもあったのですが

 

“地域でのつながりができた”

“あいさつのできる関係性が築けた”

“週末のみの参加でも大丈夫”

 

といった、おふたりのお話が聞けて、

 

だれにでもある自然な気持ちからはじめられて、

自分の時間や生活にあわせて参加できる活動なんだと

ボランティアに対する考え方を再認識しました。

 

何か特別な資格や技術がなくても

誰かのためになれるのがボランティアです。

 

地域のために行動を起こしたいと思っている方へ

その思いを行動に移してみませんか?

 

まずは「ちよだ社協」をご覧いただき、

おふたりの活動の様子を

参考にしていただけたらと思います。

 

なお、「ちよだ社協」については、

区内の各施設、朝日・読売・日経の各紙にて

折り込み配布(一部地域を除く)しています。

 

また、下記URLからもご覧いただけます。

広報誌「ちよだ社協」

 

見かけた際は、ぜひお手に取ってご覧ください♪

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

今回も最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

暗いニュースが続いていますが、正しい情報を確認し、

明るい未来を信じてこの難局を乗り越えましょう!

次回は4月7日、令和2年度一発目のメルマガをお楽しみに♪

 

■このメールマガジンは毎週火曜日に定期的にお送りしています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集発行

 ~みんなが参加し、支えあうまちづくり~

 社会福祉法人 千代田区社会福祉協議会 

 〒102-0074 千代田区九段南1-6-10

かがやきプラザ4階

 TEL:03-3265-1901

 FAX:03-3265-1902

 Mail: chiiki@chiyoda-cosw.or.jp

 

『ちよだご近所かわらばん』日々、更新中!

 http://www.chiyoda-gokinjo.net/

―――――――――――――――――――――――――――――――

「もっと情報がほしい!」という方は、千代田区社会福祉協議会へ

 http://www.chiyoda-cosw.or.jp/

―――――――――――――――――――――――――――――――

ボランティアに関する情報は、ちよだボランティアセンターまで!

 公式HP  http://www.chiyoda-vc.com/

 Facebook https://www.facebook.com/ChiyodaVolunteerCenter

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

配信登録・解除は、ご自身で設定できます。

専用ページ:http://goo.gl/7GsFQr