あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2019年12月25日

かがやきボランティア学習会 転ばぬ先の付添い

付添いの方も 安心して外出するためのコツ

団体
ちよだボランティアセンター
日時
令和2年2月1日(土)13時30分~15時
場所
かがやきプラザ4階 会議室
内容

ボランティアセンターでは、皆さんの「できる」ことで、地域の困っている方を支え、互いに笑顔が生まれる取組みをしています。

歩行が不安定で、転倒することが怖くて一人で外出に行くことができない。
そんな方は身近にいらっしゃいませんか?

健康寿命を延ばす秘訣として、家に閉じこもらず「外出をする」ということが重要と言われています。
外出することで足腰を鍛えることもできますし、様々な風景や音、五感を使うことで脳が刺激されることにより、認知症の予防にもなると言われています。

特に、一回外出先で転倒しおケガをされた方は、「また転んでケガをするかもしれない」という不安があって、外出をすることが億劫になってしまう方が少なくありません。

今回のかがやきボランティア学習会では、今まで一人で外出することができ、趣味や買い物などこれまで一人で外出することができた方が、不安を軽減して外出することができるよう、付き添う方がどのようなことに気を付けて外出時の付添いをすればよいかを、理学療法士の方を講師に招き、私たちが何気なく行っているバランスを取るということ、歩くことなど身体の動かし方の構造を知るプロから、付き添い支援のコツを学びます。

付き添い支援の基本は、身体を支えることではなく、「転倒するかもしれない」という不安に寄り添うことと講師の方は語ります。
付添いの支援に介護関係の資格は必須ではありませんが、もしもの時の心構えや外出する時に、一緒に付き添う方がどのように付き添いをすれば付き添われる方も付き添いの方も、不安を少しでも和らげ、充実した外出の時間を過ごせるか。
学習会で、資格を持たなくてもできる「付き添いのコツ」を学びましょう。

※理学療法士とは?…要介護状態や加齢、事故などによる身体機能障害からの回復目的のトレーニング指導を行う、国家資格者で、一般的に「PT」と呼ばれています。

講師:近藤幸子 氏(理学療法士)
参加費:無料
定員:30名(申込順)
備考:当日は動きやすい服装でお越しください

カテゴリー

<分野>