あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
New 2019年10月11日

11月1日”サービス介助の日”特別カンファレンス  「考える音・旅」

「共に生きる」をみんなで考えてみませんか?

団体
日本ケアフィット共育機構
にほんけあふぃっときょういくきこう
日時
2019年11月1日(金) 18:00〜19:30
場所
日本ケアフィット共育機構 東京共育センター3階(東京都千代田区神田三崎町2-2-6)
内容

詳細は下記のリンクをご覧ください
https://www.carefit.org/business/unicomi/special20191101.php

今回のテーマは「考える 音・旅」。

誰もが「ケア」を「フィット」しあうとはどのような文化だろうか?
2020を目前に控えた今、多様性のある社会のためにできることは何だろうか?

同じ車いすユーザーでありながら全く違うフィールドで活躍するお二人に
様々な視点からサービス介助についてお話頂きます。

【サービス介助の日とは?】
・誰もが誰かのために共に生きる社会を目指して
「サービス介助」について考える日

 【サービス介助とは?】
・必要なコトをその人、その場にあう方法でする
・そっと、さっと。不安を喜びに変えること

◆参加費
無料

◆懇親会について
カンファレンス終了後19:45~開催予定。
懇親会に参加をご希望の方は、
お一人につき500円(お釣りの必要がないようにご用意いただけると幸いです)
ご用意をお願いいたします。

◆登壇者
〇小澤綾子さん
20歳の時に進行性の難病「筋ジストロフィー」と診断される。
イベント・学校などで講演やライブを行い、病気・障がいの認知活動を行っている。
普段は日本アイ・ビー・エム(株)の次世代育成推進部門に勤務し、
ダイバーシティ研修や人材教育などを担当している。

〇三代達也さん
18歳の頃バイク事故で首の骨を折り頸髄を損傷、
両手両足に麻痺が 残り車椅子生活を余儀無くされる。
世界一周を達成した経験をもとに、
大手旅行会社であるエイチ・アイ・エスユニバーサルツーリズムデスクの
スペシャルサポーターとして調査やツアーの造形に関わっている。

カテゴリー

<分野>