あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2019年8月15日

ちよだモデルネットワーク 災害学習会

災害発生! 支援活動をするために どこで情報を集めるか? 得た情報を、どのように情報共有していくか?

団体
ちよだボランティアセンター/ちよだモデルネットワーク(CMN)
日時
令和元年9月6日(金)18時30分~20時30分
場所
かがやきプラザ1階ひだまりホール(千代田区九段南1-6-10)
内容

今年度第1回目の災害学習会を開催します。

今回は、災害が起こった際に支援者として活動する時に、どこで情報を集めるか?
得た情報を、どのように情報共有していくか?というテーマで、下記内容について学びます。

・どこに連絡、相談すれば困りごとや必要な活動を入手できるのか。
・災害発生後、支援者の動きと支援に必要な情報収集の仕方について。
・個人の事情と、組織の事情で、どのタイミングで支援に合流するか?
・団体で得た情報をどのような手段で発信し、ネットワーク支援に活かしていくか。

千代田区内の事業所、団体として何ができるか考えている方、ご関心のある方は、ぜひご参加ください。

【日時】令和元年9月6日(金)18時30分~20時30分
【場所】かがやきプラザ1階ひだまりホール
    (千代田区九段南1-6-10)
【講師】株式会社ダイナックス都市環境研究所 取締役・主任研究員 津賀高幸氏
   研究テーマ:市民活動・ボランティア活動、地域防災、地域づくり、市民参加
   2004年より国内の災害ボランティア活動の調査、会議・イベントの企画運営、活動検証等に従事し、全国の災害ボランティア関係者とのネットワークは有する。
   また、地域防災計画・マニュアル等などの見直し、図上訓練やワークショップの企画運営などに従事。
   第1、2期の東京都災害ボランティアセンターアクションプランの策定に関わる。
   現在アクションプラン推進会議アドバイザー。
   2019年度より東京ボランティア・市民活動センター運営委員。

対 象:千代田区内の事業所所属の在勤者、または区内で活動する団体(NPO/NGO)、企業、大学、施設

参加費: 無料 
※学習会終了後に、同建物にて情報交換会を行います。情報交換会では、お一人1,000円の参加費をいただきます。

主 催: ちよだモデルネットワーク(CMN)
※ちよだモデルネットワークは、災害時・平時を問わず千代田区内の機関同士が連携しあうためのネットワークです。
災害時にも平時にも必要となる「ボランティアコーディネーション力」を共通項に、定期的に幹事会や災害学習会・訓練等を実施しています。

カテゴリー

<分野>