あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2019年7月8日

【参加者募集】LIFE 2019夏「豊かさは自然の法則」サティシュの思想に迫る 緑と大地から学ぶ南インド10日間ツアー

南インド農村部で学ぶ「農と食」「いのちを守る種」シンプル、スモール、スローな暮らしを体感、土に触れ自然からの恵みをいただく6日間

団体
特定非営利活動法人 地球の友と歩む会/LIFE
ちきゅうのともとあゆむかい/LIFE
日時
【旅行期間】2019年8月22日(木)~8月31日(土)10日間 
内容

インド出身で、現代を代表する思想家「サティシュ・クマール」氏の
唱える「土と人と社会」についての思想を基に、南インドでの
農村生活を通して、大地の恵みを心の底から体感する
プログラムです! 

■開催日
【旅行期間】2019年8月22日(木)~8月31日(土)10日間 
*現地集合・解散

 ■場所
インド共和国
タミルナドゥ州チェンナイ、ディンディグル、マドライ

■対象年齢
18歳以上の方

■申込み締切
2019/07/22

【旅行代金】98,000円
*(特非)地球の友と歩む会/LIFE非会員の方は、
6,000円の会費を別途納入ください。

【最小催行人数】6名(定員:12名)

■ツアーの特色

●有機農法による持続可能な農業の現状から学ぶ
化学肥料に頼り、単品作物による農業の在り方に終止符を打ち土壌の回 復、生産性の向上をめざして持続可能な農業ができる環境づくりの過程でなにが今大切にされなければいけないかを知っていく。

●ヴァンダナ・シヴァ、サティシュ・クマールから学ぶ
インドが誇る環境活動家、思想家でもあるふたりが唱える食と農についての在り方をインド農村部に身を置いて体験、実践してみる。『わたくしたちの命を守る食物、それを生み出す種をいかに守り育てるか、食と農について考え行動していくことは持続可能な社会づくりに不可欠である』

●豊かさをとりもどす経済づくり~グローバルからローカルへ
効率性、経済性を問い直し、真の豊かさにについて多くの人たちと共有する機会をもつ。農村地域にある知恵、伝統的に守られている文化に触れる機会をもつ。参加型活動ツールを用いて地域にある資源を見つけたり今後の社会づくりに生かせるプログラムづくりを試みる。

【申込、詳細はホームページへ】
http://earth-ngo.jp/tour/2019summersouthindia/

■お問い合わせ先
【電話】 03-3261-7855
【メール】life@earth-ngo.jp
【ウェブ】http://earth-ngo.jp/
【担当】 米山 敏裕

■団体紹介
LIFEは1986年よりインドとインドネシアの農村に暮らす人々の自然と共存した生活の向上を目指して有機農業指導、植林、給水設備建設、職業訓練など様々な活動を行っています。日本国内でもインドとインドネシアの事業地の様子を知っていただく活動をしたり、日本の方たちと事業地を巡るスタディツアーや事業地の人たちと交流するワークキャンプの開催をしています。

■住所
102-0071
東京都千代田区富士見2-2-2

カテゴリー

<分野>