あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2018年8月3日

【体罰禁止シンポジウム】禁止立法で体罰・虐待の予防を!

科学的に明らかになってきた体罰の弊害と効果的施策

団体
日本弁護士連合会
日時
2018年8月28日(火)17:30~20:00(17:00開場)
場所
日比谷コンベンションホール 大ホール(日比谷公園内・日比谷図書文化館地下1階)
内容

日本弁護士連合会は、2015年3月、子どもに対する体罰等に関する意見書をとりまとめ、体罰等の根絶を求める活動を続けてきました。その間にも体罰等の弊害(子どもの脳を傷つけるものであること等)を裏付ける科学的証拠が次々と公表されています。

しかし、日本ではいまだに多くの人が体罰を容認し、実際に体罰が横行しています。本シンポジウムでは、体罰等に関する現在の知見を共有し、体罰禁止の法制化について、みなさまと考えたいと思います。

◇内容

・基調講演:混乱する「しつけ」:しつけ、体罰、虐待をめぐって

 講師:西澤哲氏(山梨県立大学人間福祉学部福祉コミュニティ学科教授)

・報告1:体罰等の日本の現状とたたかない、怒鳴らない子育て

 報告者:セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

・報告2:家庭での体罰等の禁止の法制化がなぜ必要か

 報告者:日本弁護士連合会

◇申込:不要(参加費無料・先着180名)

◇お問合せ:日本弁護士連合会 人権部 人権第一課

 電話:03-3580-9503

カテゴリー

<分野>