あなたの「はあと」が地域のチカラに変わる!
2017年8月9日

「生きているってすばらしい」-人生の切り開き方、考え方-

2017年度 厚生労働所自殺防止対策事業 オープンセミナー

団体
社会福祉法人いのちの電話
日時
2017年9月1日(金)開場13時30分/開演14時~15時30分
場所
YMCAアジア青少年センター「スペースY」(JR水道橋駅、JR御茶ノ水駅、地下鉄「神保町駅」から徒歩)
内容

 

2017年度 厚生労働省自殺防止対策事業 オープンセミナー

 
「生きているってすばらしい」- 人生の切り開き方、考え方 -

東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県・諏訪中央病院へ赴任。30代で院長となり、潰れかけていた病院を再生させた。「健康づくり運動」を実践し、長野県は今や長寿日本一となった。一方、1991年より25年間、ベラルーシ共和国の放射線汚染地域へ100回を越える医師団を派遣し、約14億円の医薬品を支援してきた(JCF)。2004年にはイラク支援を開始。イラクの4つの小児病院へ10年間で4億円の薬を送り、イラク北部の都市アルビルを拠点に、難民キャンプでの診察を続けている(JIM-NET)。東北の被災者支援にもいち早く取り組み、「がんばらない」「1%は誰かのためにと言いながら、多方面で常に100%以上の精力的な活動を行っている。 ベストセラー「がんばらない」他著書多数

 

 

 

「社会福祉法人いのちの電話」とは。

いのちの電話の活動は1953年英国で始まりました。

日本での活動は1971年東京で始まり、ボランティア相談員が年間3万件弱の電相談を受けています。

今日も相談員が自殺などのさまざまな困難を抱え、ひとり悩む方々のお話に耳を傾けています。

 

相談員の募集も行っています。

http://www.chiyoda-vc.com/volunteer/23228

 

カテゴリー

<分野>